セフレとの関係を良好な状態に維持するために必要な工夫

セフレと付き合っていく時、関係を続けていく上ではどうしても相手と自分の都合を上手にすり合わせていかないといけません。

セフレという関係は自分は勿論ですが相手にとっても都合がよくなければ、関係を続けていく意味がないですからね。しかし、お互いの都合を両方とも満たしてくれるような関係、それがセフレです。

戯れる男女の影

互いの都合をバランス良く満たすには

こう言ったセフレという関係を作るのは、元々互いに都合がある程度合うような人同士でやる物ですからね。出会い系サイトやSNSを介してセフレを作るにしても時間を空け安い時期などがある程度合う人同士でしか元々セフレを作らないので、関係ができた時点でそもそも互いに都合のいい時間帯がかぶる人同士であることが殆どなのです。

だから、基本的には最初は都合が付いているというようなことを互いに了解している物としてセフレという関係は成り立つものなのです。

都合が悪くなってしまった場合

しかし、そういった予定というか物事のパターンというのはずっと同じであるわけではありません。仕事やプライベートの変化によって、そういった部分も変わってくることは多いにあり得ます。

なので、仮に都合のつく時間が変化し相手の都合と今まで通りかち合わなくなってしまった場合は、セフレを解消するということもありません。

もちろん、あえて解消せずに関係は続けるけど会う頻度を前よりも落とすというようなパターンもありますね。要は、セフレという関係を続けるうえで都合がつくか否かということに関しては変化するものですからそこに合わせてセフレとの関係性の継続の有無や、付き合い方そのものも柔軟に変化させていくことが必要だというわけですね。

それができているか否かによって、セフレ関係を楽しく気持ちよく続けていくことができるかどうかが分かれますから。セフレという関係は、あくまで自由であるべきものなので変化に対して頑固でいることはしないように気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加